本文へスキップします。

【全】ヘッダーリンク
【SP】メニュー
メニュー
【全】SNS
お知らせ表示

お知らせ

2019.06.20第5回世界パーキンソン病学会



第5回世界パーキンソン病学会で、パーキンソン病治療における卓球の効果についての発表並びに卓球ルームの開設がありました

第5回世界パーキンソン学会が6月4日から7日まで京都国際会議場で開催されました。この会議は3年ごとに開催され、最近の医学知見、医療行為そして介護者の発案事項などについて、国際的なディスカッションが行われます。この学会の最大の特徴は、医師、研究者、看護師、リハビリテーション専門家だけではなく、介護者とパーキンソン病患者さんも同じ立場で参加者となっていることです。


この学会でパーキンソン病治療に卓球を勧める1つのポスター発表が行われました。卓球はパーキンソンの症状を改善するために効果的です。発表者は、10月にアメリカで開催されるITTFパーキンソン病世界卓球選手権の開催責任者であるネナード・バッハ氏です。 彼は歌手であり、歌を使って発表を行い、多くの聴衆を集めました。

また、この学会には卓球ルームが用意されていました。 学会組織委員会が学会関連プログラムの1つとして卓球を採用し、株式会社 スベンソン ホールディングスの協賛を得て、3台の卓球台と3人の卓球コーチを用意しました。 2日間で、およそ200人が卓球ルームを訪れ、卓球を楽しみました。 参加者の国籍は、アメリカ合衆国、カナダ、ベネズエラ、クロアチア、英国、ドイツ、ポルトガル、スウェーデン、ザンビア、オーストラリア、中国、香港、マレーシア、そして日本と多岐にわたっていました。6月6日には、卓球トーナメントが開催され、16人の参加者が熱戦を繰り広げるとともに交流を深めました。




一覧へ戻る

【全】ナショナルチームスポンサー

ナショナルチームスポンサー

  • MIZUNO
  • ANA
  • スターツ
  • 全国農業協同組合連合会
  • 河合塾マナビス
  • VICTAS
  • NISSHINBO
【全】各大会スポンサー

各大会スポンサー

  • 第一三共ヘルスケア
  • サッポロビール株式会社
  • シチズンウオッチ
  • スターツ
  • 日本卓球公認工業会
  • 全国農業協同組合連合会
  • ライオン株式会社
  • SMBCコンシューマーファイナンス
  • タウンワーク
  • ロート製薬
【全】協力団体

協力団体

  • 日本オリンピック委員会
  • 公益財団法人日本スポーツ協会
  • 公益財団法人 スポーツ安全協会
  • totoスポーツ応援サイトGROWING
  • toto公式サイト
  • 日本スポーツ振興センター
  • 国立スポーツ科学センター
  • NPO法人 日本オリンピアンズ協会
  • 一般財団法人 上月財団
  • 公益財団法人 日本アンチドーピング機構 JADA
  • Global DRO
 
【全】フッターテキスト

ページトップへ