本文へスキップします。

【全】ヘッダーリンク
【SP】メニュー
メニュー
【全】SNS
【参】カテゴリタイトル(協会について)

よくあるご質問(Q&A)

h1

よくあるご質問(Q&A)

ソーシャルボタン
加盟団体一覧

これまでに本会(ルール・審判委員会)にお寄せいただきましたご質問をQ&A形式でまとめました。
ご質問の多かった内容ごとに質問と回答、一問一答の形式で掲載してあります。
ルールに関する疑問等の解消につながれば幸いです。

全て開く閉じるボタン

・サービスに関する質問

Q1: ダブルスのサービスで相手コートのセンターライン上にボールが落ちた場合、アウトとセーフの判断はどのようにすればよいのでしょうか?

A: 「触れた」という文言の解釈はボールと台が触れたところ、つまり接地点を意味します。
ダブルスのサービスでは接地点がセンターラインに触れた場合はセーフ、その接地点がレシーバー側から見てセンターラインに触れずに左半分のコートに触れた場合はアウトになります。
現行の日本卓球ルールでの該当する規定は以下の通りです。
1.1.6 ダブルス競技では、それぞれのコートは、サイドラインに平行な白色の3mm幅のセンターラインによって、2つの等しいハーフコートに分けられる。センターラインは、それぞれのライトハーフコートの一部と見なす。
1.6.3 サーバーは、ボールが落下する途中を打つものとし、そのボールが最初に自領コートに触れた後、レシーバーのコートに直接触れるように打球する。ダブルス競技では、そのボールが最初にサーバーのライトハーフコートに触れ、続いてレシーバーのライトハーフコートに触れなければならない。
(『日本卓球ルールブック2019』(平成31年度版)日本卓球協会 2019年3月25日発行、p. 1とpp. 3-4)

これを図に示しますと次の図1、図2になります。

(分かりやすくするためにボールの径に比べてセンターラインを太くしてあります。)

<横から見た場合> <上から見た場合>

図1 セーフの場合


<横から見た場合> <上から見た場合>

図2 アウトの場合

Q2: サービスを出す際にサイドラインの延長線の外側で打球するとフォールトとなるのでしょうか?

A: サービスを出す際に、サイドラインの延長線の外側で打球しても正規のサービスです。
ただし、エンドラインの延長線より後ろでなければなりません。

Q3: 試合中、サービスを出す際に正規のサービスかどうか分かりづらいとして注意を受けました。その後、同じサービスを出すと失点になりますか?

A: フォールトとなり、相手の得点となります。

競技者のサービスが正しいかどうか確信が持てないとき審判員はマッチに1度、サーバーに対して注意を与えることが出来ます。

ここで知っておかなければならないのは、最初の注意を受けた内容でなくとも2度目はフォールトになることです。
最初の注意はボールが16cm以上あがっているかどうか確信が持てないことに対するものであって、2度目は静止したかどうか確信が持てないという場合でもフォールトになります。

ただし、明らかに不正なサービスと審判員が判断した場合は、最初からフォールトになります。

Q4: 自分のサービスが注意を受けたり、フォールトの判定を受けたりした場合、主審に対して抗議をすることができますか?

A: 自分のサービスが注意を受けたり、フォールトの判定を受けたりした場合、審判員の事実の判定に対して抗議はできません。

ただ、どの動作が注意やフォールトの対象だったかを確認することはできます。

もし、その注意が審判員のルール解釈の誤りによるものであれば、審判長に抗議することができます。

Q5: 主審または副審は、競技者のサービスの正当性に確信が持てない場合、それがマッチの初めてであれば競技を中断してその旨注意することができるが、主審、副審それぞれ1回ずつ注意することができますか?

A: それぞれから受けることはできません。

マッチで注意できる機会は主審・副審のどちらかから1度です。2度目は不正なサービスと判定されます。
ルールは、次の通りです。
1.6.6.1 「主審または副審は、競技者のサービスの正当性について確信が持てない場合、それがマッチにおいて初めてであれば、競技を中断してサーバーにその旨注意することができる。その後、その競技者またはダブルスのパートナーが正規のサービスかどうか明らかでないサービスを行った場合、そのサービスは不正なサービスと判定される。」

Q6: 相手競技者のサービスが、腕で隠されていて正規のサービスではないと思われました。このような場合、審判員に抗議することはできますか?

A: 審判員による事実の判定に抗議はできません。

しかし、相手競技者のサービスに対して違反ではないかと確認する(説明を求める)ことはできますし、相手のサービスが見えないと訴えることは出来ます。
判定は審判員(主審または副審)の権限になります。

Q7: サービス時に副審が下した判定を主審は退けることができますか?

A: できません。

主審と副審はサービスの判定において同等の権限を有しています。
同等の権限を有しているということは、主審は副審の判定を覆すことができないということです。
ただし、そのサービスに対する判定が誤ったルール解釈によるものであれば、審判長を呼び、裁定して貰うことができます。

Q8: サービスを出す際にフリーハンドの手のひらを開き、ボールをのせますが、具体的に手のひらのどこにのせればよいのですか?

A: フリーハンドにボールをのせる位置は、掌(たなごころ、手首と指の間の部分)です。
指にかかってはいけないことになります。

この規定の意図するところは、どのような形でもボールを握らないようにし、しかもサーバーが投げ上げる時にスピンをかけられないようにすることにあります。

・用具と競技条件に関する質問(ラケット・ラバー等に関する質問)

Q9: 裏面の半分ほどがコルクでおおわれているペンホルダーラケットを使用しています。
裏面のコルクにおおわれていない木地の部分にラバーを貼って打球面として使用することができますか?

A: ペンホルダーラケットの裏面に貼られたコルクはラケットのグリップに相当する部分として考えられます。

ラバーを貼る際にはコルクの終わりの所(先端)に接するように、また、ラバーのロゴ、商標が、柄に最も近くなるように、そして、ラケットのヘッドに平行に貼り付けるとよいでしょう。

また、半円形のコルクの先にまっすぐ横にラバーを貼ると隙間ができますが、そこには、ラバーの色と同じ色を塗ることで、その面を打球面として使用できます。

Q10: ラバーを貼る際に、指がラバーにかからないようにグリップの柄から2㎝ほど空けてラバーを貼って使用することはできますか?

A: 柄から2㎝ほど空けてラバーを貼っても問題ありません。

日本卓球ルール1.4.4では「ラバーは、ラケット本体の外周いっぱいまで、しかも外にはみ出ないように覆うものとする。
ただし、柄に最も近い指によって握られる部分は、被覆されなくても、またいかなる材料で被覆されていてもよい。」とされています。また、2.2.1.4.3.6では、「ラバーは、公認マークやメーカーの商標・ロゴ等が、ラケットの柄に最も近く、はっきり見えるように貼らなければならない。打球面に貼るラバーは柄を除く全面に貼るものとするが、指のあたる部分を避けて貼ることができる。...」とありますので問題ありません。
    は、引用者による) 

Q11: ラケットを自作しました。
公式の大会で使用するには J.T.T.A.A.の刻印がないと使えないと聞きました。公式の大会で使うことができるでしょうか?

A: 日本卓球ルールのもとで行われる大会で使用することはできません。
J.T.T.A.A. の刻印は日本卓球協会が審査を行い公認済みであることを示しています。
日本卓球協会は個人からの申請には公認を与えていません。 

Q12: ラケットのJ.T.T.A.A. の刻印が使用しているうちに薄くなってしまいました。公式の大会で使用することはできるでしょうか?

A: 仮にJ.T.T.A.A.の刻印が薄くても審判長が判読でき、OKと判断されれば問題ありません。
日本卓球ルールには、2.2.1.2「ラケットにはJ.T.T.A.A.の刻印及び商標、または指定業者名の略称とJ.T.T.A.A.の連続刻印がなければならない。」とありますので、刻印が判読できなければ使用することはできません。
ラケットの使用可否は該当大会の審判長に任されていますので、審判長に判断してもらってください。
また、ご心配であれば、メーカーに依頼して刻印を押し直してもらうことも可能です。 

Q13: ラケットのサイドテープについての規定はどのようなものがありますか?

A: サイドテープについては「光を反射するものは使用してはならない」以外ルール上の規定はありません。素材や部分的に貼るか、全体に貼るかは規定がありません。しかし、貼る際にラバーの面より高くなってはなりません。
また、サイドテープを幾重にも貼ってラバーがサイドテープの上におおいかぶさっているような場合やラバーのはみ出しを確認できなくなっている場合は、審判員から剥がしてはみ出しを確認させるように要求されることがあります。

・競技用服装等に関する質問

Q14: ユニフォームは半袖シャツまたはノースリーブシャツ、ショーツまたはスカートでJTTAマークの付いているものとルールブックには記されていますが、公認のJTTAマークは必須ですか?
また、ある条件を満たせば公認マーク(JTTAマーク)のワッペンのみを購入することが可能なのでしょうか?

A: 日本卓球協会主催の大会及び日本卓球ルールを適用する大会では、他に但し書きがない限り、競技用のシャツ、ショーツ(スカート)には、JTTAのマークがついていることが必須となります。

JTTAのマークは競技用シャツ、ショーツ(スカート)の公認用具指定業者にのみ販売されており、その他の個人、団体には販売されていませんので個人が購入することはできません。

Q15: JTTAのマークのついた競技用シャツにキャラクターを刺繍することができますか?

A: 公認済み競技用服装を購入後に個人加工することは認められません。

但し、公認済みのデザインを変えないという条件で、広告を付けたり、所属名・校章を加えたりすることができます。

Q16: 公認された競技用シャツに所属を表す文字やマークを付けることができますか?

A: 多くのケースでは公認申請時にデザインを含め事前に学校名・校章が申請されています。

公認品に所属を表す文字・マークを後付する場合、広告性の有無を判断する必要があります。
そのため日本卓球協会(JTTA)ではメーカーを通じるか、申請者が直接申請できるようにしています。広告の場合は「競技ウェア広告届」、企業性・広告性がないと判断した場合は「競技ウェア後付届」です。申請用紙はJTTAにあります。
(何十着もの同じユニフォームを個人識別するための個人の名入れは規制していません。)

・競技条件に関する質問

Q17: 競技大会時における、アリーナ内の風の規定について(国際大会、全国大会、県大会ごとのルール)があれば教えてください。
また、空調についての規定や競技会当日の運用方法についてもあれば教えてください。

A: 体育館に風が吹くことはルール上想定していないと思われます。
現在の国際卓球ルール及び日本卓球ルールには、風の規定がありません。日本で行われる卓球大会は、県大会レベルでも日本卓球ルールを適用して行われています。

ルール上の規定には、空調に関する規定はありません。
空調の風が影響を与える場合、当面その風が影響を与えなくなるまで、その卓球コートは使用しない措置をとるなどの対策を講じ、その改善が見込めない場合は、空調を止めることも含めてできるだけ競技に影響がないようにします。
体育館によって、空調の風が影響しないように吹き出し口をフロアーに向けるのではなく、上に向けていたことがありました。

Q18: 世界選手権等でネットアセンブリにCCDカメラが設置されていますが、CCDカメラにあたってコートに入ったボールは有効となるのですか?

A: ネットアセンブリに設置されたCCDカメラにあたってコートに入ったボールは有効です。
平成29年6月1日改定・実施の日本卓球ルールでネットアセンブリの一部とされました。

・アドバイスに関する質問

Q19: 平成29年度にアドバイスについてのルールが変わりましたが、どのような変更か、具体的に教えてください。

A: ゲーム間だけに制限されていたアドバイスが、大学生・一般の大会では競技者はそれによって競技が遅れさえしなければラリー中を除いていつでもアドバイスを受けることができるようになりました。

ただし、アドバイスを受けるために遠回りしてボールを取りに行ったり、相手競技者が戻っているのにアドバイスを受けたりするなどの行為は、バッドマナー(遅延行為)と見なされます。

なお、高校生以下の大会ではこの改定前のルールを踏襲し「競技者は、ゲームとゲームの間の休憩時間、あるいは認められた競技の中断時間のみアドバイスを受けることができるが、練習時間終了時とマッチ開始の間はアドバイスを受けることはできない。...。」(日本卓球ルール2.5.1.3.1)が適用されます。一般の大会に高校生以下が出場する場合、一般のルールが適用されます。

Q20: 試合中にタブレット端末やスマートフォンを使ってアドバイスをすることはできますか?

A: 現在、タブレット端末やスマートフォンなどの電子機器を使うことは認めていません。
それは個人戦では、「マッチ開始前に主審に登録された一人のアドバイザーからのみアドバイスを受けることができる。」(ルール2.5.1.2)、また団体戦では、「ベンチにいることを認められた誰からでもアドバイスを受けることができる。」(ルール2.5.1.1)と定められており、電子機器の使用により、ルールに定められた者以外の第三者の介入が可能となることを避けるためです。

・サービス・レシーブ・エンドの順序の誤りに関する質問

Q21: ダブルスの試合でサービス、レシーブの順序に誤りがあった場合の対処の仕方について教えてください。

A: サービス、レシーブの順序の誤りについてルールでは次のように定められています。
1.14.1 「競技者が、誤って正規の順序によらずにサービスまたはレシーブした場合は、誤りが発見され次第、競技は中断されるものとし、中断時の得点からマッチの開始時に決められた順序に従い、またダブルスにおいては、誤りが発見されたゲームにおいて、最初にサービスを行う権利を持つ組が選択したサービスの順序に従って、それぞれサーバー及びレシーバーとなるべき競技者が、サービス及びレシーブすることによって、競技が再開されるものとする。」

このルールに従い、サービス、レシーブの順序の誤りについての対処は次の通りです。

① ラリー中、誤りに気付いた時点でラリーを「レット」とする。

② ラリーが終了していた場合。(ラリー終了と同時にポイントスコアを宣告することになっているので、)そのラリーのポイントは生かし、次のラリーは、正しいサーバー、レシーバーで競技を再開する。

③ サーバーの順序、レシーバーの順序を誤ったことでポイントになることはない。

・ポイントに関する質問

Q22: ラリー中にフリーハンドの手をついた場合、失点になると思いますが、肘をついた場合はどのようになりますか?

A: フリーハンドの方の肘をついても、罰則規定はありません。
ルールでは、ハンド(手首から先)とアーム(手首から上肩まで)を区別しておりますので、肘はアームの一部となっています。プレーイングサーフェス(テーブルの表面)に触れてはいけないという規定があるのは、フリーハンドです。

Q23: 競技者は故意ではないにも係らず、一振りの動作の中で、続けて2度打球する場合があります。
ルール解釈からすると「故意」でなければ、一振りの動作の中で「ほぼ同時に」でなくても2度打ちはOKと判断すればよろしいでしょうか?

A: 2度打ちに関して、現在の解釈は、主審が故意でないと判断した場合、2度打ちは失点になりません。ほぼ同時か同時でないかは問題にされません。
ルールブック2011に解説が載っていましたが、ルールブック2013にはその解説は削除され、ルール1.10.1.7「相手競技者が故意にボールを続けて2回打った場合。」だけになりました。これは、このルールの採用時、国際卓球連盟(ITTF)は、明らかな2度打ちは故意であると判断していましたが、その後、そうではないケースも考えられたことから、解釈を変更しました。ITTFの解釈変更に合わせ解説文が削除されました。

したがって、2度打ちの判定は、故意かどうかで判断されます。その判断は、主審の権限となります。

・オブストラクションに関する質問

Q24: オブストラクションについて
相手競技者のリターンのボールが平面的に見れば自領コートのプレーイングサーフェスに向かっていても、相手コートから自領コートに向かいながらボールがプレーイングサーフェス面より下方向にボールが進んでいる場合には、プレーイングサーフェスに向かっていないと判断でき、このボールに触れた場合はオブストラクションではないと解釈してよいのでしょうか?

A: その通りです。オブストラクションとはなりません。
以前は上から見た図(図1)で判断していました。


図1 上から見た図

平成22年度の審判員の全国研修・ブロック研修から横から見た図(図2)を用いて「たとえプレーイングサーフェスに向かっていても面より下がったらオブストラクションにならない」と説明しています。
これは国際卓球連盟(ITTF)の解釈に基づいた見解です。


図2 横から見た図

・宣告用語に関する質問

Q25: 練習時間の終了時、日本卓球協会(JTTA)および国際卓球連盟(ITTF)のハンドブックには主審は「ストップ」ではなく「タイム」と宣告すると記載されています。
「タイム」の代わりに「ストップ」と宣告することは許されているのでしょうか。

A: 練習時間終了時に副審は、「タイム」と宣告します。これで競技者が練習をやめない場合は、主審が「タイム」と宣告し、練習をやめさせることになっています。
平成27年改訂版の『卓球競技の審判法/審判員の手引き』(p.14)で改定したものです。もし競技者が練習をやめないときはどうするかというこれまでの疑問に対して、主審が「タイム」と宣告することとしました。
この方法は日本独自のもので、現在の国際卓球連盟(ITTF)のHandbook for Match Officials(2019 )の方法「副審が手を頭上高く上げ、「タイム」と宣告し、プレーが開始され、その時には主審は何もしない。」とは異なっています。
「タイム」という用語を宣告することとしたのは、「ストップ」はプレーを中断する時のコールであり、練習はプレーではありませんので、主審が時間を確認するときの「タイム」を使用することとしました。

【全】ナショナルチームスポンサー

ナショナルチームスポンサー

  • MIZUNO
  • ANA
  • スターツ
  • 全国農業協同組合連合会
  • 河合塾マナビス
  • VICTAS
  • NISSHINBO
【全】各大会スポンサー

各大会スポンサー

  • 第一三共ヘルスケア
  • サッポロビール株式会社
  • シチズンウオッチ
  • スターツ
  • 日本卓球公認工業会
  • 全国農業協同組合連合会
  • ライオン株式会社
  • SMBCコンシューマーファイナンス
  • タウンワーク
  • ロート製薬
【全】協力団体

協力団体

  • 日本オリンピック委員会
  • 公益財団法人日本スポーツ協会
  • 公益財団法人 スポーツ安全協会
  • totoスポーツ応援サイトGROWING
  • toto公式サイト
  • 日本スポーツ振興センター
  • 国立スポーツ科学センター
  • NPO法人 日本オリンピアンズ協会
  • 一般財団法人 上月財団
  • 公益財団法人 日本アンチドーピング機構 JADA
  • Global DRO
 
【全】フッターテキスト

ページトップへ