本文へスキップします。

【全】ヘッダーリンク
【SP】メニュー
メニュー
【全】SNS
【参】カテゴリタイトル(協会について)

協会について

h1

会長あいさつ

ソーシャルボタン
写真

公益財団法人日本卓球協会 会長 藤重 貞慶

コンテンツ

公益財団法人日本卓球協会のウェブサイトに、ようこそ!

この度、前会長 大林剛郎 の後任として公益財団法人日本卓球協会の会長に就任しました 藤重貞慶(ふじしげ さだよし)です。

前会長の精神を受け継ぎ、明るく開かれた活気ある協会運営に微力を尽くす覚悟でございますので、前任者同様、格別のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

さて、日本卓球協会は、平成24年4月1日、内閣総理大臣より公益財団法人としての認定を受け、「公益財団法人 日本卓球協会」へと生まれ変わりました。

卓球はオリンピックの競技種目としてだけでなく、若年者から高齢者に至るまで、幅広い愛好者に支えられ普及している、誰もが楽しめるスポーツであります。私は、この卓球という素晴らしいスポーツを、「選手の育成」と「更なる普及拡大」という二つの面でリーダーシップがとれるようにしていくつもりです。

先頃東京で開催されました、世界団体選手権東京大会では、男子が銅メダル、女子が銀メダルを獲得したことは、皆様の記憶に新しいことと思います。このことは“卓球NIPPON”が世界のトップとの距離が縮まっていることを実感させてくれるものであります。これら日本選手の活躍は、協会関係者をはじめとする会員の皆さん一人ひとりのご尽力によって、若年層を中心に、年々増加している協会への登録会員数(平成25年度は31万人を超えました。)と、全国各地で開催される大会が関係者のたゆまぬ運営努力に支えられて活況を呈し、競技者全体のレベルアップに貢献していることと大いに関係があると考えています。

このようにフォローの風が感じられる中で、沢山の競技大会が開催されます。関係者の皆さんには、一つひとつの大会運営が卓球の普及に大いに貢献し、「卓球日本」を支える原動力であることをご理解頂き、昨年にも増してそれぞれの大会を盛り上げて頂きたいと思います。

そして、この輝かしい伝統のある“卓球NIPPON”のリーダーとして、“誰にでも愛される日本卓球協会”を旗印に、皆様と共に歩んで参りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

平成26年6月28日 公益財団法人日本卓球協会 会長 藤重 貞慶

【全】ナショナルチームスポンサー

ナショナルチームスポンサー

  • MIZUNO
  • ANA
  • スターツ
  • 全国農業協同組合連合会
  • 河合塾マナビス
【全】各大会スポンサー

各大会スポンサー

  • 第一三共ヘルスケア
  • サッポロビール株式会社
  • シチズンウオッチ
  • スターツ
  • 日本卓球公認工業会
  • 全国農業協同組合連合会
  • ライオン株式会社
【全】協力団体

協力団体

  • 日本オリンピック委員会
  • 公益財団法人日本体育協会
  • 公益財団法人 スポーツ安全協会
  • totoスポーツ応援サイトGROWING
  • toto公式サイト
  • 日本スポーツ振興センター
  • 国立スポーツ科学センター
  • NPO法人 日本オリンピアンズ協会
  • 一般財団法人 上月財団
  • 公益財団法人 日本アンチドーピング機構 JADA
  • Global DRO
 
【全】フッターテキスト

ページトップへ