本文へスキップします。

【全】ヘッダーリンク
【SP】メニュー
メニュー
【全】SNS
【参】カテゴリタイトル(卓球について)

卓球について

h1

ルールについて

ソーシャルボタン
コンテンツ

知っておこう!卓球ルールの基本

卓球を観戦するうえで最低限知っておきたい基本的なルールを紹介!

イラスト=麻生カイ

1.得点&試合の流れ

相手コートに返球

【1球目(サービス)】

自分のコートに1回、相手コートに1回バウンドさせればOK!

1球目(サービス)イメージ図

【2球目(レシーブ)以降】

相手の打球が自分のコートに1回バウンドした後、相手コートにバウンドさせるように打ち返せば返球成功。
以後、交互に返球を繰り返すが、返球に失敗すると相手に1点が入る。

2球目(レシーブ)以降イメージ図

1ゲーム11点制。10-10以降は2点差がつくまで

サービスは2本交替で、先に11点を取ると、1ゲームを取ったことになる。
ただし10対10になった時には、2点差がつくまで試合が続く(その間サービスは1本交替)。

1ゲームごとに「チェンジエンド」

1ゲームごとに両選手はコート(エンド)を交代する(=チェンジエンド)。
そして最終ゲームでは、どちらかの選手が5点に達した時点でチェンジエンドする。

1ゲームごとに「チェンジエンド」イメージ図

4ゲーム(または3ゲーム)先取で勝利!

全日本卓球では「7ゲームズマッチ」と「5ゲームズマッチ」がある。
それぞれ、4ゲームまたは3ゲーム先取すると勝利!

4ゲーム(または3ゲーム)先取で勝利!イメージ図

2.試合中の休憩時間

ゲーム間に1分間の休憩

各ゲーム間には、1分間の休憩が入る。この時間内には、ベンチでアドバイスを受けたり、水分補給もできる。

ゲーム間に1分間の休憩 イメージ図

タオル使用のための休憩

各ゲームの開始から6ポイントごと(=両競技者の点数の合計が6の倍数の時)、および最終ゲームのチェンジエンド時に、短時間のタオル使用が認められる。

タオル使用のための休憩 イメージ図

1試合に1回のタイムアウト

各競技者は1試合に1回、1分以内の「タイムアウト」(休憩)をとることができ、ベンチコーチからのアドバイスを受けることができる。

タイムアウトの要求は、
両手で「T」の字を
示して行う
1試合に1回のタイムアウト イメージ図

長時間試合を防ぐ「促進ルール」

各ゲーム開始後、10分経ってもそのゲームが終了しない場合、「促進ル ール」が適用される(両者のスコアの合計が18以上の時は適用されない)。

促進ルールでは、レシーバー(サービスを受ける選手)が13回返球すると、レシーバーのポイントとなる。サービスも1本交替に変更。試合が極端に 長引くことを防ぐためのルールだ。

3.「OK? 」「ミス?」ラリー中のルール

サービス以外、ネットインは有効

打ったボールがネット(またはネットを支える支柱)に触れて、相手コートに入った場合を「ネットイン」と呼ぶ。ネットインした場合は正しいリターン(返球)となり、そのままラリーが続く。ただし、サービスがネットインした場合は、ノーカウントでやり直しになる。

サービス以外、ネットインは有効 イメージ図

エッジは有効、サイドは失点

打ったボールが台の角、ふち(エッジ)に当たった場合を「エッジボール」と言い、正しいリターンとなる。
ただし、ボールがサイド(側面)に当たった場合はミス(失点)。

エッジは有効、サイドは失点 イメージ図

台に手をついて打つのはダメ!

ラリー中にフリーハンド(ラケットを持たないほうの手首から先)が台に触れるとミス。
逆に、フリーハンド以外なら、体が台に触れても、台を動かさない限りOK。
ただし、ネットや支柱に体の一部やラケットが触れるとミスになる。

台に手をついて打つのはダメ! イメージ図

4.交互に打つ「ダブルス」

サービスは右半面→右半面

サービスは、サーバー側コートの右半面にボールをバウンドさせ、続いてレシーバー側コートの右半面にバウンドさせる。

サービスは右半面→右半面 イメージ図

ペアの2人が交互に打つ

ペアを組んだ2人が交互に打つ(A→X→B→Y→A→……の順)。
2本ごとのサービス交替時には、それまでレシーブしていた選手がサービスを出すことになるが、A→X→B→Y→A→……打球の順番は変わらない。

ペアの2人が交互に打つ イメージ図

ゲームごとに打球順番が変わる

シングルスと同様に、ゲームごと(および最終ゲームのどちらかのペアが5点に達した時)に、両ペアはエンドを交替する。
その際、打球順も変わる。

たとえば1ゲーム目がA→X→B→Y→A→……という順なら、 2ゲーム目はA→Y→B→X→A→……という順になる。

「右利き&左利き」ペアが有利

交互に打つという特性上、卓球のダブルスでは右利きと左利きのペアが有利とされる。利き腕が同じペアの場合、基本の立ち位置が同じなので、ラリー中に大きく動かないと選手同士がぶつかりやすいのだが、利き腕が違うと立ち位置が異なるのでプレーしやすい。またダブルスのサービスは常に台の右半面に来るため、右利きよりも左利きのほうがレシーブしやすい。

【全】ナショナルチームスポンサー

ナショナルチームスポンサー

  • MIZUNO
  • ANA
  • スターツ
  • 全国農業協同組合連合会
  • 河合塾マナビス
【全】各大会スポンサー

各大会スポンサー

  • 第一三共ヘルスケア
  • サッポロビール株式会社
  • シチズンウオッチ
  • スターツ
  • 日本卓球公認工業会
  • 全国農業協同組合連合会
  • ライオン株式会社
【全】協力団体

協力団体

  • 日本オリンピック委員会
  • 公益財団法人日本体育協会
  • 公益財団法人 スポーツ安全協会
  • totoスポーツ応援サイトGROWING
  • toto公式サイト
  • 日本スポーツ振興センター
  • 国立スポーツ科学センター
  • NPO法人 日本オリンピアンズ協会
  • 一般財団法人 上月財団
  • 公益財団法人 日本アンチドーピング機構 JADA
  • Global DRO
 
【全】フッターテキスト

ページトップへ